予習

勉強するといっても方法はさまざまです。

多くの方が予習・復習をしましょうと先生たちに言われてきたのではないかと思います。

予習を行う目的は何と言っても、次回行う授業をより理解するためです。

しかし、この予習の段階で次回授業する内容をすべて理解する必要はありません。

予習の段階ですべてが分かるのであれば先生はいらなくなってしまいます。

予習の真の目的は、わからないところをはっきりさせるためと言われています。

そしてわからなかったことを次回の授業をしっかりと聞くことで、効率的に授業から新しいことを学ぶことが出来るのです。

部活で予習をする時間がないという学生の方も、10分でも良いので次回行う授業の内容を少しの間だけでも目を通してみてください。

復習

学習をするうえで復習をすることは大切です。

なぜ復習が大切かと言うと、人間は1度学んだことでもすぐに忘れてしまうからです。

学習した直後はすべて記憶している脳も、1日経つと学習したことの4分の1は忘れてしまうといった実験結果があることからも、人間の記憶は完全なものではないことがわかります。

そこで、学習した内容を家に帰ってからもう1度復習して思い出すことが重要なのです。

1度忘れかけていた脳の中の記憶を呼び起こしてあげましょう。

可能であれば、復習は出来る限り早い時間に行い、1度でなく数回行うことで、より効果の高い復習になるようです。

家に帰ったら、宿題を行って復習をすることを習慣づけることで成績も少しずつ上がるかもしれません。